かいちょーノオト
かいちょーと旦那と飼い猫・ミケさんの素っ頓狂な日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
家移り準備。
さて、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが
皆さんにお知らせがあります。



旦那が転勤になりました。



赴任先は牧之原市にある支店。
・・・え? どの辺かいまひとつイメージしづらい?





浜岡原発と静岡空港予定地の
ちょうど中間あたりです ( ̄▽ ̄;

なんだかどっちも大事故が起こった時に
巻き添えくいまくりそーな立地だわ。


gohan-chu.gif


ま、そりゃそーだ。

そんなワケで今日、高速乗ってばびゅーん!と
新居探しに行って来たワケなんですけれども
いかんせん、新任先付近はべらぼーに交通の便がよろしくない。
で、住まいはなるべく東海道線沿線で探すコトにしたんですが。



・・・あのさ、「ペット可」物件ってあるじゃん?
あれってにゃんこは可じゃないコトが多いって知ってました?

fungai.gif


まったくだよねぇ。

いやね、今日実際に不動産屋さん巡りをしてみた個人的な実感なんですけど
もともと都会と違ってさぞ「ペット可」物件は少なかろう、と思ってたら
ただ「ペット可」ってゆーだけなら、そこそこあるみたいなんですね。

でも「猫OK」の記載のない物件は基本
わんこはよくてもにゃんこはダメ!なんだそーで。 (T△T)

たしかに大抵のにゃんこは爪研ぎするし
オス猫の場合は発情期にマーキング行動をする子もいるから
退去後のメンテナンスが大変なんだろーなとは思う。
あと、他の住民の中に猫アレルギーの方がいらしたら
健康被害に繋がっちゃうかもしれないしね。
そこはまぁ仕方ないんだけど・・・なんか切なかったなぁ。

結局、不動産屋さんを5軒回って、実際見られた物件はたった2軒。

でもねワタシ、これまで横浜でひとり住まいしてた頃から
お住まい運はものすごくいいんですよ♪
大抵部屋探しにくたびれてヨレヨレになる頃に
いつもポロッと出物に出っくわすんだ♪>それはいいのか悪いのか?

今回見せて頂いた2軒も、どちらも甲乙つけがたいくらいの物件。
駅からはちょっと遠いけど、旦那の通勤もかなり大変そうだけど
そんなの、ミケさんと大手を振って生活できるコトで全然チャラ☆

そんなワケでたぶん、新しいお住まいは掛川市です。





旦那の通勤は、下道で1時間かかります。

・・・たぶんボーナス出る頃にはすっかりネを上げて
ETC設置して高速出勤だろーな ( ̄▽ ̄;


スポンサーサイト

テーマ:とんでもねぇなぁこの事態 - ジャンル:日記

【2008/04/27 22:34】 | かいちょー的日常 | トラックバック(0) | コメント(7) |
画伯降臨。
少し前、かいちょーがテレビを見ていたら
その横で旦那がチラチラとワタシの横顔を見ながら何か書いていた。

「できた! 見て見て♪そっくりでしょ? (^◇^)」
と渡された用紙には、旦那の新たな才能を遺憾なく発揮した作品が(汗)



さぁご覧頂きましょう。旦那作・「かいちょー像」ですっ。


gahaku.gif



・・・orz。

・・・すみません、これはそもそも人間を描いたモンなんですか?
つか足ないよ?
足とおぼしきこの「ぐるぐる」は一体何なんだ?
あぁキャタピラか! ってワタシゃ重戦車か。

・・・いや、いやいやいや!
「だっておうちじゃいつもお団子ヘアだしぃ
 目が大きくて、ちょこまか大慌てで駆けずり回ってるしぃ
 ものすごーく似てるじゃん♪ (^◇^)」っておいおいおいっ!

画伯頼む! 気をたしかに!
少なくともワタシは「サイボーグ009」みたいに
足が目に見えなくなるよーな高速移動はいまだかつてしたコトがありませんっ!(汗)


oyako.gif



み、ミケさん、それはフォローになってない。( ̄▽ ̄;
なにげに「みつを」風味だし。



そしてこれとは別の日、旦那がケータイをいじっていた時に
そばにいたミケさんを見て突然爆笑した

「どしたの?旦那 (・◇・;」
「いや、ミケさんがケータイのストラップがブラブラ揺れてるのを
 ずーっと目だけで追ってるんだよぅ♪ (^◇^)」

・・・ここでかわいいねぇとか言ってるだけなら別に構わないのだ。
しかしここで画伯、迷惑にももったいなくも
大きなインスピレーションを感じてしまったようだ
後日、新聞広告の裏にまたなにやら新たな作品を生み出し
「かいちょー♪ 今度はミケさん描いてみた♪」と手渡す。(汗)



さぁ今度は別の作品をご覧頂きましょう。
絵画界に一石を投じる衝撃の問題作
旦那作で「しらんぷりしてケータイを目で追うミケさん」ですっ。


gahaku2.gif



・・・いや違う、違うよ画伯!
ミケさんは普段は二足歩行じゃないよ?
いや、そりゃ保護したばかりの頃は無表情っぽかったけど
最近こんな半死半生みたいな表情してないじゃん ( ̄△ ̄;

・・・ゲージツってよく分からんなぁ
とりあえずミケさんに見てもらって善し悪しを判断するか。



おーいミケさん、おとーさんがね、ミケさん描いてみたんだって。
ちょっと見てみない? (^◇^;


fumange.gif



・・・やっぱりご不満か。(T▽T)アハハ

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2008/04/20 01:45】 | 旦那的日常 | トラックバック(0) | コメント(6) |
危ない?
仕事がヒマでぼんやりしていたら
いきなりデスクの電話が鳴った。
ディスプレイの番号を確認すると、総務のB部長からの内線だ。

「はい、かいちょーです (^ ^)」
「あ、かいちょー? Bですけど」
「あ、お疲れさまでーす♪」

「あのさかいちょー、つかぬコトを聞くけど」
「・・・? はい、なんでしょうか?」
「かいちょーの旦那さん、今年も危ないってホント?」

なんですかその、うちの旦那が
毎年危篤状態みたいな言い草は? ( ̄▽ ̄;




・・・種明かしをすると旦那、富士に着任して早9年になるのだ。
一応転勤族なので、ここ何年かは毎年このシーズンに
「今年は転勤かも・・・」というハナシが出るのである(苦笑)

ちなみに5月1日付の着任だが、いまだ内示すら出てません。 悩ましいなぁ。



【2008/04/14 21:00】 | かいちょー的日常 | トラックバック(0) | コメント(8) |
そっちの心配?
先日、家に帰ってくつろいでいたら玄関のチャイムが鳴った。
誰だろう?とインターフォンで確認すると、我が家の上のフロアのご主人だった。

あちゃー、深夜ミケさんが
「『なでしこじゃぱん』をめざすのでつ!」ぐらいの勢いで
ひとりおもちゃ相手にサッカーに興じているのがやかましかったか、と
半ばドキドキしながら出たのだが
ご主人が訪ねて来られたのには別の理由があったのだ。

なんと、空き巣に入られた、とおっしゃるのである (・◇・;

聞けば先日まで3日ほどご出張なさっていたそうなのだけれど
出発の日の朝、お財布がないコトに気づき
どこかで落としたとばかり思って、ひとまず通帳と印鑑でお金をおろした後
出先から奥様に電話を入れたら、奥様のお財布も見当たらないという。

結局その直後に2つのお財布は出てきたそうなのだが
出てきた場所はなんとそのお宅のベランダ。
カード類には一切手をつけず、キャッシュのみ抜かれていたらしい。

そのうえ更におっかないのは、押し入られた時間がどうも真夜中らしいというコト。
というのも出張の前日は夕方まで留守にしていらしたらしいのだが
留守にするというコトは、ご夫婦共にお財布を持って出かけているというコトで
・・・つまり、眠っている隣の部屋で犯行が行われていたとしか考えられないのだ。

しかもツイてないというか、出張の前である程度お金をおろしていたコトに加え
お留守の間に奥様が電化製品を買い替えに行くつもりだったとかで
被害総額は数十万円にのぼったとおっしゃる。
失礼な言い草だが『弱り目に祟り目』とはまさにこのコトだ。

「最近、この辺(空き巣が)多いらしいので気をつけて下さいね」と
わざわざお知らせに来て下さった親切なお心遣いにココロから感謝し
口々におやすみなさいとご挨拶を交わして部屋に戻ったものの
やはり不安感は拭えない。

たまたま早帰りだった旦那に「どなた?」と尋ねられ
いや、実はかくかくしかじか、とたった今お聞きしたコトを説明すると
眉をひそめた旦那がぼそりと、心配だねぇ、と言う。

「そうだよね、ワタシうっかり屋だから戸締まりとか気をつけないと」
「ってゆーか最近ヘンな手合いも多いしさ
 ミケさんに何かされたらイヤだなぁ

akire.gif




・・・はい? (・◇・;

・・・えーっと、あの、もしもし?

それ、半年前にミケさんに添い寝されただけで
恐怖のあまり悲鳴上げて
飛び起きてたオトコの台詞ですか?(ばく)




・・・どうやら旦那のミケさんに対する「おとーさん気取り」は
想像以上に進行しているようだと
かいちょーがうっかり気づいてしまった瞬間であった ( ̄▽ ̄;



テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2008/04/10 21:53】 | ミケさん的日常 | トラックバック(0) | コメント(2) |
春だ!読書だ!!
さて本日はいつも楽しく拝読しているブログ
『GMのお気楽留守番日記』『春だ!読書だ!!』にTB。

ワタシも活字中毒で、乗り物に乗る時に本がないと気絶しそうになるクチ(笑)
よってこのネタ、避けて通れましぇん (^◇^;

そんなワケで、どのくらいの方が興味を持って下さるか分かりませんが
本日は、わんこ・にゃんこの登場する本のうち
既読のモノいくつかについて書いてみようと思います♪

まずはにゃんこ本。

★夏への扉(ロバート・A・ハインライン/ハヤカワ文庫)★
 たしか最初に読んだのは高校生の頃なんだけど
 何度も再読している定番中の定番、なSF作品。
 タイムトラベルの扱いが秀逸で
 何度読んでも「あっ!」って思わされてしまう。
 読み始めは「うっ、なんてツイてないヤツ」と主人公が気の毒になるけれど
 読後感はとてもサワヤカです。

★『吾輩は猫である』殺人事件(奥泉光/新潮文庫)★
 死んだハズの『吾輩』は、目覚めるとなぜか上海にいた!
 しかも『吾輩は猫である』の1文に、大きなナゾが仕組まれていた?
 ごくごく狭い『吾輩』の生活圏から
 大きくはみ出した場所で繰り広げられる壮大なミステリです。

★猫は知っていた(仁木悦子/講談社文庫(廃盤))★
 探偵役の仁木兄弟が間借りした病院で失踪事件が起こったのを皮切りに
 次々起こる殺人事件。
 この本、調べてみたら昭和32年発行ですって。
 そういえば仁木兄弟の住まいにはお風呂がなくて
 銭湯に行くシーンがあったような。
 そういう古い時代の物語だというコトを念頭に入れて読む限り
 半世紀近く昔の物語とは思えない程古びたカンジもせず
 違和感の少ない作品で、書き手の能力の高さが伺えます。
 なお、現在は廃盤になっているので
 アマゾンで入手するか、図書館で借りるかしないと読めません、あしからず。

★海辺のカフカ(村上春樹/新潮文庫)★
 これはたしかににゃんこが登場するんだけど
 ・・にゃんこ好きさんにはちょっと読み進むのがツラいシーンが多いか?
 なにせ「猫殺し」が登場する物語なので(汗)。
 ただ、物語そのものはとても楽しく読んだので一応リストアップ。

★猫丸先輩の推測(倉知淳/講談社文庫)★
 短編集なんだけど、収録作品の1つにたしかにゃんこが出ていた、かな。
 名前のとおりネコっぽい雰囲気の「猫丸先輩」が
 日常の中にある些末な事件のひとつひとつについて
 「推理」ではなく「推測」する物語。
 プロットに全く無理がなく、すいすい読めるのでオススメ☆

続いて(にゃんこ本より少ないですが)わんこ本。

★心とろかすような~マサの事件簿~(宮部みゆき/東京創元文庫)★
 同じ作者の「パーフェクトブルー」で活躍した用心棒犬・マサが主人公の
 スピンオフ的なミステリ連作集。
 中でも「マサ、留守番をする」にはおいおい泣かされ、考えさせられた。
 現在の宮部作品と比較すると
 若干ストーリーテリングにもたつきがあるようには感じるけど
 ただのミステリに終わらない、示唆に富んだ名作だと思います。

★白い犬とワルツを(テリー・ケイ/新潮文庫)★
 ひと頃かなり話題になったのでもはや定番作品かもしれませんが。
 物語自体はものすごーく淡々としているんですよ
 「なんて退屈な物語なんだろう」って思う方も多いだろうってくらい。
 ただ、老いて死に向かう老人と犬の友情的な魂の交流とか
 それを囲む周囲の親族との関わり合いに
 互いを思いやる気持ちに恵まれた生活を
 とても豊かな暮らしぶりだと感じて、温かい気持ちになったんですよね。
 読む方の年齢によって解釈も感じ方も変わる作品かもしれません。

★バスカヴィル家の犬(コナン・ドイル/出版社多数)★
 言わずと知れた「シャーロック・ホームズ」シリーズの1つ。
 でもこれ、わんこが活躍するというより悪役なんだっけ(汗)
 ホームズのシリーズは子供の頃から何度も再読しているけれど
 何度読み返してもわくわくしてしまう♪
 「怪盗ルパン」派と意見が分かれるけれど
 ワタシはやっぱり「シャーロック・ホームズ」派かな (^ ^)



あと「三毛猫ホームズ」シリーズは
小学生の頃初めて読んで以来、すっかり虜になりました。
大人になって赤川次郎作品をあまり読まなくなってからも
あのシリーズだけはしばらく買い続けたなぁ。

あとわんこ本では辻真先さんの
「迷犬ルパン」シリーズってゆーのもあるって知ってました?
たしか、三毛猫ホームズと一緒に活躍する作品が1つ、あった気がします♪

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌

【2008/04/06 01:22】 | かいちょー的日常 | トラックバック(1) | コメント(2) |
お花見。
この週末はちょっと鼻カゼを引っかけてしまい
午前中のヨガ教室をお休みしてうつらうつら・・・

午後になってだいぶよくなったので
遅めのランチ片手にミケさん連れて旦那とお花見に。

sakura.gif


ここは名もなき公園なのだが
すり鉢状になった地形を這うように桜が咲いていて
すり鉢のふちに腰かけると桜のトンネルでお花見をするカタチになるのだ♪

あ、ミケさんにもお弁当用意してるよ。

fooding.gif


うん、チーズを細く切ったのんと
お気に入りの「銀のスプーン」をちょこっとね。

・・・と、ここまでの画像だけ見ればなんとも平穏なお花見風景なのだが

bibiri.gif


数秒後、超ビビリ。
おとーさんにしがみついて離れません ( ̄▽ ̄;
どうしたんだミケさん、半年前までナチュラルアウトドアな生活者だったハズなのに(汗)



・・・うん、たぶんよそのわんこやにゃんこの匂いがプンプンしてたんだろーな。
初詣の時は平気だったから、おかーさんつい油断しちゃった。 スマンスマン。

そんなワケで夫婦で交代しながらランチを平らげ
ものの10分で撤収でございました(苦笑)



ちなみにこの後獣医さんに寄って2回目のワクチン接種だったのだけれど
前回と違ってヒジョーにおとなしく注射されていた。
「さっきの場所よりマシ」とか・・・思われていたのかもしれない・・・ ( ̄▽ ̄;

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2008/04/01 02:14】 | ミケさん的日常 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
プロフィール

かいちょー@ミケ母

Author:かいちょー@ミケ母
☆かいちょー☆
 自称「暴れん坊将軍」
 他称「将軍様ご乱心」な暴走主婦。
☆旦那☆
 かいちょーの旦那。
 職場では「頼りになる上司」だが
 実はかるーく天然ボケ。
☆ミケさん☆
 病気でヨレヨレだったトコロを
 かいちょー夫妻に保護され
 そのまま娘に。
 おやつの取立てがやたらシビア。
 犬猫用チーズが大好物。

FC2カウンター

お越し下さったお客さま

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。