かいちょーノオト
かいちょーと旦那と飼い猫・ミケさんの素っ頓狂な日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
災難ハ依然継続中ナリ。
えっとですね。
きょうもまた懲りずにこれ、ネカフェで書いてるんですよ。

・・・いや、別に「いやぁん♪ネカフェのこの雰囲気大好きぃ♪」とか
言いませんから、えぇ絶対。



今度はPCがイカれました(ばく)



ここ3日、断続的にネットが繋がらないコトがありまして
工事不良かと思って2日連続で業者の方に来て頂きまして。
1日目はLANケーブルを取替え、2日目は終端装置を取替えて

・・・あら、つながりませんことよ?奥様。 (°▽°;



こうなるともうマシン、つかもっとダイレクトにLANケーブルの接続端子に
原因があるとしか考えられないってコトになっちまい
結局、修理に出すコトになったんですが。



近隣にMac取扱い店舗がありません(汗)
あぁもう! 田舎暮らしがキライとは言わないけど
こーゆートコロはすげーイヤ (T△T)

結局、購入した富士のお店に送って修理依頼をかけるコトになっちまいましたとさ。
(つかMacのサポートセンターのお姉ちゃんとまっとうな会話が成立せず
 どーにもこーにも埒があかなかった。苦笑)



まぁそんなワケでまた、最短で2週間ほど「ネット落ち武者」になっております。
ついでにこのネカフェ、あまり頻繁に使いたくないので(殴打)
コメントを頂戴してもレスポンスに若干時間がかかります、面目ない。



それにしてもワタシ、余程Macと相性が悪いんだろーか?
先代は頼んでおいたメモリ増設がされないまま納品され
今回は購入1年未満で故障って・・・(横座り)


スポンサーサイト

テーマ:とんでもねぇなぁこの事態 - ジャンル:日記

【2008/06/20 18:08】 | かいちょー的日常 | トラックバック(0) | コメント(5) |
三毛猫放浪記(後編)
スーパーのスタッフさんの目撃情報では
だいたいお昼過ぎ、2~3時ごろに
裏通りを挟んだ民家の辺りを歩いていると聞いていた

ならば11時頃に着くように出かけて2時間ほど周辺を探し
だいたい1時半くらいから2時間程度
そのお宅の周辺で張込みすれば保護できるかもしれない。
最悪、当日は保護できなかったとしても
せめてお気に入りのドライフードくらい、たらふく食わせてやりたい。

そんなざっくりした捜査方針を決め、用意した装備は

6tool.gif


通院用の洗濯ネットに、お気に入りのブランケット
大好きな「銀のスプーン・お魚づくし」と犬猫用チーズ
いつも使っていたエサ皿と小型犬用抱っこバッグ。
チーズはいつも食べていた大きさに切り分け
タッパーに多めに入れて持って行くコトにした



スーパーのスタッフさん達に労られつつ
捜索を開始してからずいぶん経っていた
真上にあったお日さまが今はだいぶ傾いて、日差しも幾分和らいでいる
腕時計に目をやると午後3時40分
目撃情報の時間をかなり過ぎている。

なのにあの長くて黒っぽいしっぽの先すら、見つけられないでいた。



晩ご飯や翌日のお弁当の支度を考えると
捜索を続行できるのはあと1時間ほど
・・・そんなコトを考えて焦りを募らせていたら、不意にケータイが震える
「見つかった?」というメールの主は旦那だ

泣きそうになりながら
見かけもしない、あと1時間くらい探して帰る、と返信したら
すぐに返事が返ってきた

「もう少し居てみな」



・・・一瞬にしてすっ、と冷静になる。
旦那の前ではなるべく泣かないように気をつけていた。
なるべく「また一緒に暮らせる日がくる」と
信じ切っているフリをし続けていたつもりだった。

けれどワタシはもともと、感情が表に出やすい性格だ。
一緒に暮らしている旦那ならなおのこと
それが目についていたに違いない。

これ以上、旦那の人のよさに甘えちゃイカン。
今働いてないワケだし、少なくとも家のコトはちゃんとしなくちゃ。



これまで日中に出歩いて追っかけられたコトで学習して
明るいうちはミケさんも、表に出てこないかもしれない。
恐らく薄暗くなる頃まではどうにもならないだろう。
7時くらいまで探して見つからなかったら出直そう。
新幹線で掛川まで30分程度だから
7時過ぎのヤツに乗ればなんとかなる、いやなんとかしよう。

ゲンキンなモノで、そう決めたら肚が据わってしまった
一旦休もうじゃないの、と近所の自販機で缶コーヒーを買い
元の住まいの玄関先に腰かけて休憩するコトにする



ぼんやりと腰かけてコーヒーをすすりつつ
辺りの景色を眺めていて気づいた
そうか、これってまだ保護する前
ワタシの帰宅を待っていたミケさんの目線なんだ。
そうそう、あの女の人の歩いてくる辺り
ゴミ捨て場の脇の柿の木の陰からワタシの姿が見えたら
箱座りからすっと立ち上がって
「おかえり」って言うみたいにニャーニャー鳴いて・・・



「あれ? かいちょーさん?」
突然声をかけられてひっくり返りそうになる
声の主は元の住まいの上のフロアの奥様だ
ちょうどパートから戻ってこられたらしい

どうしたんですか? 私の留守中にお引越しのご挨拶にみえたって
主人から聞いてたんですけど・・・と丁寧な口調で尋ねられ
いえ、実は引越のドサクサで猫が失踪しまして、と答える

「まぁ! あの病気で保護してるっておっしゃってた猫ちゃんですか?」
「そうなんです、主人の転勤に乗じて
 この際正式にうちの子に迎えようってコトになりまして
 新居もペット可の住まいに決めたんですが・・・」

あと少し探して見つからなかったら出直そうと思って、と話すと
ちょっと待っていらして、と言って家に入り、また出て来られて
「うちにあるモノで申し訳ないんですけど
 よかったらこれ食べて、もうひとがんばりして下さい」
・・・手渡されたのは箱入りのアーモンドチョコレートだ

いえ、お気持ちだけありがたく、と丁重にお断りしようとして
朝ご飯以来何も食べていなかったコトに気づき、苦笑する
自分のコトすら大事にできない人間が
人間であれ動物であれ他の命を大切にできるなんて、とんだ思い上がりだ。



すみません、ありがたく頂きます、と答えると
奥様はほっこりとした笑顔で
「もし今日保護できなかったらひと声かけて下さいね
 次においでになる前にうちで保護できたらお預かりしてますから」

通い猫だった頃から私達も知ってる猫ちゃんだし、と言われ
不覚にも泣きそうになる
お心遣いに感謝して立ち上がり・・・さて、もう1度探しましょうか。

ずいぶん長話してしまった
さっきのルートをもう1度ぐるりと回ったら
ほとんど時間は残ってないな・・・って、あれ?



スーパーのスタッフさんが「よく見かける」とおっしゃっていた場所を
よく見慣れた三毛柄の猫が歩いていた
最後に見た姿よりずいぶんやつれて、白い毛が黒ずんでいるけれど
まちがいなく、ミケさんだった。

ミケさん!と大声で呼びかけたら、ぴくりと立ち止まる
走っちゃダメだ、追われるのとカン違いして逃げてしまう
・・・そう思ってみても、はやる気持ちで自然と早足になる
歩きながらバッグからタッパーを取り出し
「ミケさん、チーズだよ」と何度も言いながら近づいた



ところが現実は決して甘くないものだ
一瞬、聞き慣れた魅力的な単語に興味深そうな眼差しを向けたものの
ミケさんはさっときびすを返し、民家の軒下に隠れてしまった

・・・保護できないかもしれないがそれでも構わない。
生きてさえいてくれればそれでいい。
ただ、せめてその痩せた体の一部を取り戻す程度には
何か食べさせてやれないものか。

細かいコトを考えている余裕はなかった
ミケさんが忍び込んだお宅の玄関先でチャイムを鳴らし
事情を説明して敷地に入らせて貰う



軒下からひょっこりのぞかせた顔には
すっかり怯え切った表情が浮かんでいた
耳に刺さるようなか細い声は、子猫に特有の助けを求める時の声だ
ミケさん、チーズ食べない?と尋ねるのに鳴き連ねるその声は
「もうお前とは暮らしたくない」という拒絶のようでもあり
「怖かったよ、なんで今まで迎えにきてくれなかったの」という
切実な訴えのようにも聞こえた

差し出したチーズを嗅ぐコトすらしない怯えように
ひょっとしたらワタシが手に持っているのがよくないのか、と
軒下に放ってやったらようやく体半分だけ姿を現す

小さなチーズのかけらをガツガツと食べる姿に
その小さな体で数日間イヤという程感じていたであろう
空腹感や心細さが伝わってくるようで泣けてきた
涙を拭いつつ、慌てて皿とドライフードをバッグから取り出し
ザラザラと入れてやると、それが耳慣れたおいしい音だと気づいたらしい
おそるおそる近づいて、危害を加えられないコトを察した様子で
皿に鼻先を突っ込むようにして
これまで見たコトもないような勢いで食べ始めた



ほとんど皿が空っぽになり、立ち去るそぶりを見せた一瞬の隙に
両前足をなるべく痛くないよう掴んで引き寄せ、洗濯用ネットを被せると
瞬間、飼い猫だったとは思えない野生動物のような声をあげ
マグロ漁かと思うような暴れっぷりを発揮する
何度も深々と爪を立てられて、その度にひるんだが
こんな傷のひとつやふたつ、今のミケさんの不安な気持ちと比べたら
痛くも痒くもねぇや!どーんとつけやがれ!てやんでぇ!と
半ば居直るように気持ちを奮い立たせた
きっと端から見たらものすごく滑稽だろうな、と思いつつ
反面、こんな手荒な捕まえ方をして逃がしてしまったら
もう二度と捕まえられないだろう、と気弱な考えも脳裏をよぎる

ようやくファスナーを閉め、ブランケットでくるんでやると
観念したものか、すっかりおとなしくなった
抱っこバッグに入れられるのも、思ったほどには大変じゃなかった
家主さんにお礼を言って、ご挨拶もそこそこに駅に向かい
手荷物の手続きを済ませて新幹線に飛び乗る

syachu.gif


心配していた新幹線車内の騒音にも暴れ出したりはしなかった
ただ洗濯ネットの中でじっと目を閉じて
時折ワタシの顔を見上げては心細そうに、小さな声で鳴いていた
その度に「ごめんね、怖い思いさせてごめんね」と声をかけ続けた
連れ帰って数時間はずっと、こちらの様子を伺っているものの
スチール棚の下に潜り込んで出てきてくれない状態だった

それでも、元の住まいで指定席だった毛布の匂いに
少しだけ気を許したのかもしれない
やがて頭だけ出し、次いで半身だけ姿をのぞかせ
毛布の上ですやすやと寝息を立て始めるまで2時間近く経っていた

こうしてミケさんの長い長い冒険が終わった。

nesugata.gif


今回の事件にまつわる数値的データ一覧。
「ミケさんの不在日数/5日半
 その間にかいちょーが減らした体重/3kg
 ミケさんを探しまわった時間/8時間
 ミケさんと過ごせる時間/プライスレス!」 >親バカ日記らしい締めくくり(笑)


テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2008/06/18 22:01】 | かいちょー的日常 | トラックバック(0) | コメント(4) |
三毛猫放浪記(前編)
すっかり息が上がってしまっているのは
何度も同じ場所を小走りで歩き回っているせいだろうか。
それとも悲しさと恐怖心と心配さで過呼吸気味なせいだろうか。

引越屋さんに無理を言って
引き延ばして貰った出発時刻はあと10分後に迫っている
これでおしまい、なんだろうか?
・・・心の中で何度も繰り返した自問自答をもう一度繰り返したら
また、何度目かの涙がこみ上げてきた

ミケさんが姿を消して2時間が経過していた。



要するに、ちょっとした思いつきだったのである
保護する前に、ミケさんにずっとエサをあげて下さっていた
近所のスーパーのスタッフさんにも
元気な姿を見せがてら引越のご挨拶をしとこうかな、と思ったのだ

ハーネスをつけ、バックヤードの入口まで抱いて行って
ミケさんの命を繋いで下さってありがとうございました、と
ちょっとしたお菓子を手にご挨拶した時
野菜コーナーの大将が
「おぉ、ずいぶんふっくらして元気そうだなぁおい」と
顔をほころばせて愛おしげに撫でて下さっている間も
ミケさんはずっとワタシの肩に爪を立て続けていた

この8ヶ月もの間、かいちょー夫妻以外の誰かが
家に上がるコトなんてなかったのに
朝一番で引越業者のお兄さん方が4人もドタバタと慌ただしく作業をし
落ち着かない様子で助けを求めるようなか細い声をあげてもいた
作業のお邪魔になってはイカンと
洗濯ネットに入れて猫ベッドに入れられていたのも
更に不安を募らせた要因だったかもしれない

大将にご挨拶を終えて、スーパーの駐車場の自販機で
長旅のためのドリンクでも、と自販機に向かっていたら
不意に肩に乗った重さがなくなった
ハーネスをすり抜けて走り去るミケさんの後を、旦那が慌てて追いかける

ところが追われるコトでますますパニックになってしまったらしい
速度を緩めず走り続け、あっという間に隣接する民家の敷地へ逃れてしまった



手にした缶ジュースを旦那に押しつけ
入って行った民家の住人に断りを入れて
探させて頂いたものの、全く姿を見せない
ひょっとしたら通り過ぎて他のお宅の敷地にいるのかと
近隣のお宅を1軒1軒当たってみたが一様に
片目に傷のある、首輪を着けていない三毛猫には気づかなかったという

名前を呼びながら辺りを歩き回り
ひょっとしたらうちに帰っているのかとわざわざ家に戻り
いないコトを確認してまたスーパーまで戻って周辺を歩き回る
・・・そんなコトを何度繰り返してみても、ミケさんは全く姿を見せなかった
ワタシの焦りなどお構いなしに、時間だけが過ぎていく

結局、見つからないままタイムリミット。
スーパーの大将に「さっきの今で何なんですが」と事情を説明し
見かけたらご連絡を下さるようお願いして車に乗り込んだが
内心は不安でいっぱいだった



ご存知の向きも多いと思うが、ミケさんにはノミアレルギーがある
1ヶ月に1度、ノミ駆除薬を滴下しなければ全身に湿疹が出てしまうのだが
次の滴下を数日後に控えての失踪だったため
保護できるまで半月以上の長丁場になれば、発症してしまう危険性が高い

ミケさん本人が痒かったり痛かったり、ツラい思いをするのも心配だが
何より、見かけた近隣の住民の方が「病気持ちの猫」と認識して
最悪保健所に持ち込まれて殺処分、という展開が一番恐ろしかった
いや、まだパニック状態が続いていて
何かの弾みで道路に飛び出して車にはねられたら。
昨今増えている動物虐待犯に捕えられて、ひどいケガをさせられたら。
・・・いや、ミケさんにちょっとでもケガさせやがるヤツがいたら
草の根分けても犯人を捜し出して、生きたままなますに刻んで
バッファローの群れに放り込み、思うさま踏みつけにしてやった挙げ句
ハゲタカに心ゆくまでついばませてやるつもりだけれど。
(この期に及んで危険思想絶賛全開中>サバンナか!)

でも一方で、再会して一緒に暮らせるコトを信じる気持ちもあった
そうだよ、だってまだ保護する前
撫でられるためだけに家の前に来ていたのが突然来なくなって
生きてるかな、大丈夫かな、って心配していたら
近所のスーパーでちゃっかりエサ貰って落ち着いてたじゃない。
大丈夫、ミケさんならきっと大丈夫。
ワタシ達が迎えに行く日まで、きっとなんとか生き延びてくれる。

・・・希望的観測だというコトは充分すぎるくらい分かっていた。
それでも無理矢理信じて、すがるより他にない。
せめて、いつ保護して連れ帰っても大丈夫なように
なるべく短時間で新居に慣れられるように。
その時のワタシにできるコトは、できるだけ荷解きを急ぐコトしかなかった。



ところが荷解きを始めて、これがどうにも悲しい作業だというコトに気づく。

直前でバタバタと荷造りしたせいもあるのだけれど
開けた箱の片隅に、ミケさんがよく遊んだおもちゃやボールが
ころん、とひとつだけ入っていたりする。
ファブリックを取り出すと、一面にミケさんの毛がついていて
あぁそういえばこれを敷いていた場所が
絶好のひなたぼっこポイントだったと思い出したりする。
新居の不便な点に気づくたび
ミケさんがいないのならこんな家に住まなかったのに、と考えたりする。
折しも短時間だが豪雨に見舞われた日があり
どこかでおびえてはいないか、寒い思いをしてはいないか
いやそれ以前に、ひどくお腹をすかせているんじゃないかと胸が痛む

そしてそのたびに、涙が止まらなくなる。

一番ツラかったのは、猫ベッドをキレイにしておこうと
中に敷いたブランケットを洗うために取り出した時だ
黒くべっとりとした何かがこびりついているコトに気づいた
・・・その前日に通院用の洗濯ネットを洗った時にも
同じモノがついていたので、それが何かは分かっている

それはミケさんの血だった。
荷造りの最中、一度荷造りの段ボールで爪を研いでいて引っかけてしまい
爪の1本が、人間でいう深爪の状態になっていたのだ
洗濯ネットに入れられ、猫ベッドに押し込まれている間
血がにじむほどぎゅっと手を握りしめていたのか、と思うと
その理不尽さ・ワケの分からなさ・恐ろしさが思いやられて
旦那が出かけているのを幸い、堰を切ったように涙が溢れてきた

・・・いかん、泣いてる場合じゃない、と思い直して
ひたすら黙々と荷解きをする、しばらくしてまた何かに気づいて泣く
・・・今考えればなんとも非合理的なのだが
そんな状態で荷解きを続行するしかなかった。



週が明けてすぐ、富士の保健所に連絡を入れる
これこれこういう特徴のある三毛猫が持ち込まれたらご一報下さいと言うと
車に轢かれた場合の遺骸の回収は市の清掃局がやっているので清掃局と
あと、富士警察署に遺失物の届出も出した方がいいと
連絡先と併せて教えて下さったので素直に従った

役所関連の手続きも完了して
後は水曜日に工事関連の業者さんが入ればひと段落つく。
・・・そんな矢先、くだんのスーパーから電話がかかってきた

「ここ数日、毎日この界隈を歩き回っているみたいなの。
 いつも大将が見つけて追いかけるんだけど怖がって逃げちゃって
 『飼い主さんじゃないと無理だよ』って話してるんだけど・・・」

どうか追いかけないで、自発的にスーパーにエサを貰いに来るまで
放っておいてやって下さい、数日中に迎えに行きます、と伝えたものの
あの人のよさそうな大将のコトだ
見かけたら親切心で、半ば条件反射的に追ってしまうコトだろう
でも、そのおかげでミケさんの方が人間不信を募らせて
日を追うごとに、ワタシですら保護するコトが難しくなるに違いない



・・・もはや一刻の猶予も許されてはいない。
保護する日取りを木曜日と定めるまで、さしたる時間は必要なかった。

hesoten.gif


後半に続く。(キートン山田風に)


テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2008/06/17 18:43】 | かいちょー的日常 | トラックバック(0) | コメント(2) |
まめまめま~め♪
さて、予告中の「壮大な親バカ日記」は
書きあげるまでにもう少し時間がかかりそうなので、ちょっと別の話題など。

beans1.gif


先日実家から、ワタシの両親が丹精している畑の収穫である
莢つきの空豆とグリンピースが送られてきたのです
みかん箱を、高さを3分の2にしたくらいの箱いっぱい。
他にも何か入っているのかと思ったら、思いっきりマメオンリーだった(笑)
これは料理のしがいがあるというモノ♪ (^ ^)

そんなワケで早速

beans2.gif


空豆は塩ゆでに。
水1リットルにお酒100ccとお塩大さじ1の割合で沸騰させて豆投入。
2分ほどゆでてざるにあげます。
あ、今回は結構量があったので2倍の分量でやってますけど。

beans3.gif


ざるにあげたらひたすらあおいで冷まします。
冷水にさらすとベシャっとした仕上がりになるのでご注意を。
ちなみに最初の画像よりかなり量が減って見えるのは
旦那をあおぎ係に任命したトコロ、つまみ食いしまくってたから ( ̄▽ ̄;

で、やっぱりさ

beans4.gif


できたてを頂きたいじゃない。(ばく)
ってなワケで晩ご飯のしたくもそこそこに、まずは発泡酒を1杯♪
ホクホクした歯ごたえとほのかな塩味で止まらなくなっちゃいましたよ。

せっかく新鮮な豆がたくさんあるのでね
お次はやっぱりこれだよね?

beans5.gif


にゃはー♪ 旨味ー♪ 豆ごはん大好きー♪
冷凍のグリンピースでも作れないコトはないんだけど
これだけはやっぱり、新鮮なヤツが手に入った時に作りたい (^◇^;

beans6.gif


ちなみにコチラは豆ごはんのつけ合わせ。
せっかくの豆ごはんなのでシンプルに
斜めにスライスしたアスパラをさっと湯通しして鶏もも肉と炒め合わせ
塩と粗挽きコショウで味付けしたモノ。

あ、そうそう! グリンピースっていえば、これも作らないとね。

beans7.gif


一口大に切って塩こしょうした鶏肉を炒めてから一旦取り出し
グリンピースとタマネギ(ペコロスだとかわいい仕上がり♪)を炒めて
鶏肉を鍋に戻した後、コンソメスープで20分ほど煮込んだモノ☆
いつもは骨つきのぶつ切り肉で作るのですが
(コラーゲンたっぷりだし、何より安い!ので)
今回は手に入らなかったため、もも肉1枚と唐揚げ用3本で代用しました。

・・・え? 空豆は食べ切っちゃったのかって?
いえいえ、あれはあくまで下ごしらえ。
フリージングしといて別のお料理に使いましたよ。(^ ^)

beans8.gif


豚薄切り肉と解凍して皮をむいた空豆を炒めて
砂糖・酒・酢・醤油・豆板醤で味つけ。
濃いめでスパイシーな味なので、酒の肴にもグーでございます♪



・・・と、今週は本当に豆尽くしの夕餉でしたとさ。
あ、まだグリンピースがたくさんあるので
しばらく豆ごはんが食べられます、にんまり。 ( ̄▽ ̄)>どんだけ好きなんじゃ!



テーマ:ごはん日記(写真付き) - ジャンル:日記

【2008/06/14 15:28】 | 実家からの直送便♪ | トラックバック(0) | コメント(3) |
ただいまー。
そんなこんなでようやくネット環境に復帰したかいちょーでおま♪
・・・な、長かったわ (T▽T)

結局ね、工事の日に設定の業者さんもいらしたんですよ
(要するにNTTのおねーちゃんの連絡ミスだったらしい)
だからおとといにはすでに繋がってたんですが
あっちゃこっちゃのブログ巡礼に忙しく
しかもどのブログも1ヶ月近く見てなかったのでべらぼーに時間がかかり
今、ようやっと自分のブログを更新しているとゆー(こら)



で・・・えっとね。
コメ返しで少し触れたんですけれども
引越の当日から数日にかけて、大事件(おおげさ?)が勃発してまして。

長くなるので週末にでもまとめて書こうと思っております。
予告しとくと、ちょっと私小説風味です。
たぶん、前後編くらいに分けて書かないと、読むヒトが大変だと思います。
ついでに付け加えるなら
ぶっちゃけ、壮大な親バカ日記です(ばく)
つまりミケさんのお話ね。 (^◇^;



・・・あ、こんな予告をして余計な心配をかけても申し訳ないので
一応、今日のミケさんの元気な姿を載せとこうかしら♪

midashinami.gif


かいちょーのあぐらにすっぽりハマって毛繕い ( ̄▽ ̄;



・・・いや、たしかに身だしなみは大事だけれども。
この際、どーんとあぐらかいてるおかーさんもどうかと思うけれども。



大股開きだし、仰向けだし・・・猫として少し警戒心がなさすぎるような・・・(汗)


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/06/12 22:21】 | ごあいさつなど。 | トラックバック(0) | コメント(4) |
いやはや困った(汗)
お久しぶりでございます。



で・・・えーっと、これ書いた後、またご無沙汰するコトになっちまいます。

なぜか?






ネットがまだ繋がらんのです (T△T)


いやもう何?
お引越し1週間前には工事の予約を済ませて
てっきり5月末にはネット生活再開となるでしょー♪なんて太平楽に構えてたのに。

事前調査に来たのは比較的早かったんですよ。
お引越しから4日目ですから。
でもその後がヨロシクない。



調査にいらした係の方がおっさるには
「来週には工事の日取りをお知らせできると思います」

なのに連絡が来たのは2週間後。
しかも「一番早い工事日は6月10日です」とな?
何が悲しゅーて1ヶ月近くも待たされてるんでしょう???(失笑)

えぇ、しょうがないからその日で予約しましたけどね。

「設定は工事の際にソフトをお渡ししますので、ご自分でして下さいますか?」
とか聞かれて、あぁそれは構いませんよと答えた後
ふと、不安になって「そのソフト、Macに対応してますよね?」と聞いたら
しばらく待たされた挙句

「対応していないそうなので、後日無料で担当が設定に伺います」

・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・



このうえまだ待てと?
どこまでくされプロバイダなんですか???

そのうえ工事の受注がPCのメールに届くってゆー(失笑に次ぐ失笑)
ネットに繋げられないのにどうやってメール見るのさ?
どう考えてもおっぺけぺーのすっとこどっこいとしか思えない。
やっぱりくされプロバイダですよ ( ̄▽ ̄;



そんなワケでたぶん今月末くらいまでネット生活はおあずけかと。

つか、一応チャリンコで5分くらいのトコロにネカフェがあって
今回はそこで更新してるんですけど
田舎ゆえに競合するお店がなくてとにかく高いし
とてもネカフェを謳っているとは思えないくらいPCの状態が悪い★
さっきからマウスで上に向かってスクロールできません
マシンもかなり古そうだし。



あ、もしコチラをお読みの方やその周辺に
「これからOC★に変えようと思ってるんだー♪」とおっさる方がいらっしゃいましたら
「ダメだよ! O★Nはくされプロバイダだよ!」とひと言お伝え下さいまし。

テーマ:とんでもねぇなぁこの事態 - ジャンル:日記

【2008/06/05 10:12】 | かいちょー的日常 | トラックバック(0) | コメント(3) |
| ホーム |
プロフィール

かいちょー@ミケ母

Author:かいちょー@ミケ母
☆かいちょー☆
 自称「暴れん坊将軍」
 他称「将軍様ご乱心」な暴走主婦。
☆旦那☆
 かいちょーの旦那。
 職場では「頼りになる上司」だが
 実はかるーく天然ボケ。
☆ミケさん☆
 病気でヨレヨレだったトコロを
 かいちょー夫妻に保護され
 そのまま娘に。
 おやつの取立てがやたらシビア。
 犬猫用チーズが大好物。

FC2カウンター

お越し下さったお客さま

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。