かいちょーノオト
かいちょーと旦那と飼い猫・ミケさんの素っ頓狂な日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
黒猫プロジェクト〜捕獲編
★11月上旬某日

エサやり2日目にして早くもワタシを
「アタシにご飯貢ぐおばはん」と認識したモヨウ。
カリカリ&ご飯皿のセットを目にするなり
「おばちゃ〜ん、ごは〜ん♪」とでも言うように
甘えた声で鳴きながら近づいて来る。

1日目よりは警戒感なく完食。
しかし、撫でようとすると
「さ、触ってはいけないのだぞ」といったカンジで腰が引ける。
・・・いいさ、ゆっくり仲良くなろうな。

★11月中旬某日

食後「ついて来い」と言いたげに振り返りつつ立ち去るそぶり。
急に距離をつめて警戒されないようゆっくりついて行くと
「いいですか?瞬きするなですよ」というカンジで小さく鳴き
次いでそばの駐輪場の自転車の間でころん、と転がって腹を見せてくれた。

・・・お、お礼、なのか???



※ここいらあたりからいつも、餌やりのたびに
駐輪場やその脇の駐車場を行き来する人や
通りかかるご近所さんに、なるべく愛想良く声かけする。
「この子、少し慣らして保護したいと思ってるんです
 糞害など、ご迷惑なコトがあればなるべく対処させて頂きますので
 遠慮なくおっしゃって下さいね
 あ、ワタシこのマンションの●●●号室のかいちょーと申します」



★11月下旬某日

2日続きで雨。
1時間おきに夜中の12時まで餌やりセットを手に降りてみるも
全く姿が見えない。
ただ毛皮が雨に濡れるのがイヤで来ないならいいが
ケガや病気で動けないのでは、と想像すると心底心配。



※結局、その翌日の晴れた夜には何事もなかったようにやってきた。
その後も雨や雪で何度も来ない日があったが
とりあえず、夜10時を過ぎて来るコトはなかったので
1月頃から、いつもの時間に姿が見えない日は
夜7時過ぎ〜10時まで1時間ごとに降りるコトにする。



★12月中旬某日

栄養状態がよくなってきたせいか、体型がややふっくらしてきた
・・・ってゆーか1日1回のご飯だけでここまで改善するか?
ついでに、ここんトコなんだかミョーに愛想がいい。
頭を撫でるどころか、あごの下をこしょこしょさせてくれる日もある。

ひょっとして別に餌場があって
面倒を見ている誰かがいるのだろうか?
ソチラの方がねぐらに近い場所なら
悪天候の日に来ないのもむしろ合点がいく。

・・・悶々とするが仕方がない。
途中で姿が見えなくなったらソチラで保護されたと考えるコトにしよう。
とりあえず、餌やりは継続するコトにした。

★1月上旬某日

ワタシ以外の餌やりさんは思いのほか早く判明した。
同じマンションの、2フロア上に住むご家族である。
お子さん2人が小さく、ご飯をあげたがったため
夕方、保育園帰りに見かけたら
小袋入りのキャットフードをあげていたとのコト。

とりあえず、保護したいと考えて餌やりしていた旨伝えたトコロ
先方はわんこオーナーさんで飼える見込みがないとのコト。
全くご飯をあげられなくなるのも子供が寂しがるだろうと考え
話し合って、先方はこれまでどおりの時間におやつ系のモノを
コチラは仕事帰り、日が暮れた頃合いに総合栄養食をあげるコトで合意。

★1月中旬某日

なんだかいつになくフレンドリーだと思ったら
近所の野良らしいオス猫2匹が一定の距離をおきながら近くにいる。
まんざらでもない様子でお腹見せしていたりするトコロを見ると
どうやら発情期に入ったらしい。

妊娠してしまったらそれはそれで仕方がない。
出産も里親探しも、ちゃんと面倒見る腹づもりでいる。
ただ外で出産してしまったら、仔猫ごと保護するのは不可能だろう。

とすると、もはやほとんど日にちに猶予はない。
幸いというか、2フロア上のご家族さんのおかげで
だいぶ人間を信用してくれるようになったように見える。

・・・たぶん、この時点で腹が据わった。
捕獲は2月末日(予備日3月第1週目)に決定。

★2月28日

引っ越しの際、ミケさんを入れるために購入したキャリーを片手に
いつもどおり、餌やりセットを手に階下へ降りる。
キャリーの中にご飯皿をセット、なんとか誘導しようと試みるも
いつもと違う状況に
上半身はともかく、下半身までキャリーに入ろうとしない。

完食が近づく頃合い、ようやく全身キャリーに入ったタイミングで
ぱたん、とキャリーの入り口を閉める。
どかん、と一度突き上げるように暴れた後
固まってしまったのか動かなくなってしまった。
ごめんな、ごめんな、怖い思いさせてホントごめんな、と
何度も何度も謝りつつ、部屋に連れ帰り
予め組み立てておいたケージに入って貰う。



kuro1.gif



こうして、ほとんど人慣れしていない野良猫・クロちゃんとの生活が始まった。
スポンサーサイト
【2015/05/06 02:08】 | 黒猫プロジェクト | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
プロフィール

かいちょー@ミケ母

Author:かいちょー@ミケ母
☆かいちょー☆
 自称「暴れん坊将軍」
 他称「将軍様ご乱心」な暴走主婦。
☆旦那☆
 かいちょーの旦那。
 職場では「頼りになる上司」だが
 実はかるーく天然ボケ。
☆ミケさん☆
 病気でヨレヨレだったトコロを
 かいちょー夫妻に保護され
 そのまま娘に。
 おやつの取立てがやたらシビア。
 犬猫用チーズが大好物。

FC2カウンター

お越し下さったお客さま

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。