かいちょーノオト
かいちょーと旦那と飼い猫・ミケさんの素っ頓狂な日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
黒猫プロジェクト〜序章
その猫のコトが気になりだしたのは、ここ2年ほどの間だったと思う。

小柄な黒猫の女の子だった。
ガリガリに痩せていて、仔猫を3匹くらい連れていた。
しばらくすると、仔猫を見かけなくなり
1匹でうちのマンション界隈をうろつくようになった。

仔猫たち、死んじゃったのかな。

そんなコトが毎年1回ずつ、計2回程。



野良猫のお母さんたちは
栄養状態の良くない小さな体で、小さな仔猫を産む。
小さな体を削って仔猫を育てる。
そんなワケでお母さん猫も仔猫も、案外たやすく命を落とす。
一説によれば、野良猫の寿命は長くて飼い猫の半分程度
1桁の年頃でこの世を去るコトも少なくないという。

・・・だから毎度少しだけ、胸が痛んだ。



昨秋、弟が車でやってきた。
目的地へ向かう途中少しだけ顔を見に、というワケで
マンションの駐車場で立ち話をし、んじゃまたねと見送った。

ふと、視線を感じて振り返ると、くだんの黒猫。



基本的にワタシは、野良猫にご飯をあげるコトはない。

我が家は転勤族で、いつ引っ越すか分からないから。
ワタシ達が去った後しばらく「今日はご飯が貰えるかも」と期待して
やって来るかもしれない野良猫のコトを考えただけで
その期待を裏切られ、とぼとぼとねぐらへ帰る野良猫の姿を想像するだけで
たまらなく泣けてくるから。

けれどその時は違った。
全く人馴れしていないその黒猫に対して
「魔が差した」とでもいうべき衝動に駆られた。

ちょっと待ってな。ご飯あげるから。

そう声をかけて階段を上り
キャットフードの試供品を手にマンションの駐車場へ戻る。

だってミケさん、決まったご飯以外食べないもんね。
・・・ちょっとだけ自分に言い訳した。



使っていない皿にキャットフードをあけてやると
警戒しながら近づいてきて匂いを嗅ぎ、おそるおそる口をつける。
次いで、警戒しているわりに一粒ずつ丁寧に
カリ、カリ、と音を立てて食べ始めた。

時間をかけてキレイに食べ終わると
当たり前だが礼もなくさっさとねぐらへ向かう。



全てはこの日から始まった。
スポンサーサイト
【2015/03/21 03:16】 | 黒猫プロジェクト | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<黒猫プロジェクト〜捕獲編 | ホーム | サンキュー!>>
コメント
今年のクリスマスカードに2匹の姿が・・・見える気がするw
【2015/04/02 22:42】 URL | じゅん@よっぱ #3un.pJ2M[ 編集]
> じゅん@よっぱ さま

記事書くだけ書いてコメント全然チェックしとらんかった(汗)
レスポンス遅れてごめんね (^◇^;

2匹一緒は・・・どうかな。
今はまだ、お互い牽制しあう関係性だし
クロちゃんは、たぶん人間が怖くなくなる頃までケージ暮らしだから。

だいぶ触らせてくれるようにはなったんだけどね。
最初から人間ウェルカムだったミケさんと違って
全然人慣れしてない生粋の野良さんは難しいです (^_^;
【2015/04/05 01:13】 URL | かいちょー #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaichonote.blog28.fc2.com/tb.php/158-dc6c686d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

かいちょー@ミケ母

Author:かいちょー@ミケ母
☆かいちょー☆
 自称「暴れん坊将軍」
 他称「将軍様ご乱心」な暴走主婦。
☆旦那☆
 かいちょーの旦那。
 職場では「頼りになる上司」だが
 実はかるーく天然ボケ。
☆ミケさん☆
 病気でヨレヨレだったトコロを
 かいちょー夫妻に保護され
 そのまま娘に。
 おやつの取立てがやたらシビア。
 犬猫用チーズが大好物。

FC2カウンター

お越し下さったお客さま

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。