かいちょーノオト
かいちょーと旦那と飼い猫・ミケさんの素っ頓狂な日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
三毛猫放浪記(前編)
すっかり息が上がってしまっているのは
何度も同じ場所を小走りで歩き回っているせいだろうか。
それとも悲しさと恐怖心と心配さで過呼吸気味なせいだろうか。

引越屋さんに無理を言って
引き延ばして貰った出発時刻はあと10分後に迫っている
これでおしまい、なんだろうか?
・・・心の中で何度も繰り返した自問自答をもう一度繰り返したら
また、何度目かの涙がこみ上げてきた

ミケさんが姿を消して2時間が経過していた。



要するに、ちょっとした思いつきだったのである
保護する前に、ミケさんにずっとエサをあげて下さっていた
近所のスーパーのスタッフさんにも
元気な姿を見せがてら引越のご挨拶をしとこうかな、と思ったのだ

ハーネスをつけ、バックヤードの入口まで抱いて行って
ミケさんの命を繋いで下さってありがとうございました、と
ちょっとしたお菓子を手にご挨拶した時
野菜コーナーの大将が
「おぉ、ずいぶんふっくらして元気そうだなぁおい」と
顔をほころばせて愛おしげに撫でて下さっている間も
ミケさんはずっとワタシの肩に爪を立て続けていた

この8ヶ月もの間、かいちょー夫妻以外の誰かが
家に上がるコトなんてなかったのに
朝一番で引越業者のお兄さん方が4人もドタバタと慌ただしく作業をし
落ち着かない様子で助けを求めるようなか細い声をあげてもいた
作業のお邪魔になってはイカンと
洗濯ネットに入れて猫ベッドに入れられていたのも
更に不安を募らせた要因だったかもしれない

大将にご挨拶を終えて、スーパーの駐車場の自販機で
長旅のためのドリンクでも、と自販機に向かっていたら
不意に肩に乗った重さがなくなった
ハーネスをすり抜けて走り去るミケさんの後を、旦那が慌てて追いかける

ところが追われるコトでますますパニックになってしまったらしい
速度を緩めず走り続け、あっという間に隣接する民家の敷地へ逃れてしまった



手にした缶ジュースを旦那に押しつけ
入って行った民家の住人に断りを入れて
探させて頂いたものの、全く姿を見せない
ひょっとしたら通り過ぎて他のお宅の敷地にいるのかと
近隣のお宅を1軒1軒当たってみたが一様に
片目に傷のある、首輪を着けていない三毛猫には気づかなかったという

名前を呼びながら辺りを歩き回り
ひょっとしたらうちに帰っているのかとわざわざ家に戻り
いないコトを確認してまたスーパーまで戻って周辺を歩き回る
・・・そんなコトを何度繰り返してみても、ミケさんは全く姿を見せなかった
ワタシの焦りなどお構いなしに、時間だけが過ぎていく

結局、見つからないままタイムリミット。
スーパーの大将に「さっきの今で何なんですが」と事情を説明し
見かけたらご連絡を下さるようお願いして車に乗り込んだが
内心は不安でいっぱいだった



ご存知の向きも多いと思うが、ミケさんにはノミアレルギーがある
1ヶ月に1度、ノミ駆除薬を滴下しなければ全身に湿疹が出てしまうのだが
次の滴下を数日後に控えての失踪だったため
保護できるまで半月以上の長丁場になれば、発症してしまう危険性が高い

ミケさん本人が痒かったり痛かったり、ツラい思いをするのも心配だが
何より、見かけた近隣の住民の方が「病気持ちの猫」と認識して
最悪保健所に持ち込まれて殺処分、という展開が一番恐ろしかった
いや、まだパニック状態が続いていて
何かの弾みで道路に飛び出して車にはねられたら。
昨今増えている動物虐待犯に捕えられて、ひどいケガをさせられたら。
・・・いや、ミケさんにちょっとでもケガさせやがるヤツがいたら
草の根分けても犯人を捜し出して、生きたままなますに刻んで
バッファローの群れに放り込み、思うさま踏みつけにしてやった挙げ句
ハゲタカに心ゆくまでついばませてやるつもりだけれど。
(この期に及んで危険思想絶賛全開中>サバンナか!)

でも一方で、再会して一緒に暮らせるコトを信じる気持ちもあった
そうだよ、だってまだ保護する前
撫でられるためだけに家の前に来ていたのが突然来なくなって
生きてるかな、大丈夫かな、って心配していたら
近所のスーパーでちゃっかりエサ貰って落ち着いてたじゃない。
大丈夫、ミケさんならきっと大丈夫。
ワタシ達が迎えに行く日まで、きっとなんとか生き延びてくれる。

・・・希望的観測だというコトは充分すぎるくらい分かっていた。
それでも無理矢理信じて、すがるより他にない。
せめて、いつ保護して連れ帰っても大丈夫なように
なるべく短時間で新居に慣れられるように。
その時のワタシにできるコトは、できるだけ荷解きを急ぐコトしかなかった。



ところが荷解きを始めて、これがどうにも悲しい作業だというコトに気づく。

直前でバタバタと荷造りしたせいもあるのだけれど
開けた箱の片隅に、ミケさんがよく遊んだおもちゃやボールが
ころん、とひとつだけ入っていたりする。
ファブリックを取り出すと、一面にミケさんの毛がついていて
あぁそういえばこれを敷いていた場所が
絶好のひなたぼっこポイントだったと思い出したりする。
新居の不便な点に気づくたび
ミケさんがいないのならこんな家に住まなかったのに、と考えたりする。
折しも短時間だが豪雨に見舞われた日があり
どこかでおびえてはいないか、寒い思いをしてはいないか
いやそれ以前に、ひどくお腹をすかせているんじゃないかと胸が痛む

そしてそのたびに、涙が止まらなくなる。

一番ツラかったのは、猫ベッドをキレイにしておこうと
中に敷いたブランケットを洗うために取り出した時だ
黒くべっとりとした何かがこびりついているコトに気づいた
・・・その前日に通院用の洗濯ネットを洗った時にも
同じモノがついていたので、それが何かは分かっている

それはミケさんの血だった。
荷造りの最中、一度荷造りの段ボールで爪を研いでいて引っかけてしまい
爪の1本が、人間でいう深爪の状態になっていたのだ
洗濯ネットに入れられ、猫ベッドに押し込まれている間
血がにじむほどぎゅっと手を握りしめていたのか、と思うと
その理不尽さ・ワケの分からなさ・恐ろしさが思いやられて
旦那が出かけているのを幸い、堰を切ったように涙が溢れてきた

・・・いかん、泣いてる場合じゃない、と思い直して
ひたすら黙々と荷解きをする、しばらくしてまた何かに気づいて泣く
・・・今考えればなんとも非合理的なのだが
そんな状態で荷解きを続行するしかなかった。



週が明けてすぐ、富士の保健所に連絡を入れる
これこれこういう特徴のある三毛猫が持ち込まれたらご一報下さいと言うと
車に轢かれた場合の遺骸の回収は市の清掃局がやっているので清掃局と
あと、富士警察署に遺失物の届出も出した方がいいと
連絡先と併せて教えて下さったので素直に従った

役所関連の手続きも完了して
後は水曜日に工事関連の業者さんが入ればひと段落つく。
・・・そんな矢先、くだんのスーパーから電話がかかってきた

「ここ数日、毎日この界隈を歩き回っているみたいなの。
 いつも大将が見つけて追いかけるんだけど怖がって逃げちゃって
 『飼い主さんじゃないと無理だよ』って話してるんだけど・・・」

どうか追いかけないで、自発的にスーパーにエサを貰いに来るまで
放っておいてやって下さい、数日中に迎えに行きます、と伝えたものの
あの人のよさそうな大将のコトだ
見かけたら親切心で、半ば条件反射的に追ってしまうコトだろう
でも、そのおかげでミケさんの方が人間不信を募らせて
日を追うごとに、ワタシですら保護するコトが難しくなるに違いない



・・・もはや一刻の猶予も許されてはいない。
保護する日取りを木曜日と定めるまで、さしたる時間は必要なかった。

hesoten.gif


後半に続く。(キートン山田風に)


スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2008/06/17 18:43】 | かいちょー的日常 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<三毛猫放浪記(後編) | ホーム | まめまめま~め♪>>
コメント
おかえり~(←遅っ!)
お!
もしやコレは、予告のあった親バカ日記か!?
よっしゃ、昼休みの読ませてもらいまっさ~(^^)
またくるでー
【2008/06/18 07:08】 URL | がるまあ #-[ 編集]
> がるまあさま

うぇ~い♪ ただいま~♪(小島よしお風味)

イエス、予告の親バカ日記です
激甘で胸焼けしそーな香りプンプンですが
・・・だ、大丈夫かしらん? ( ̄▽ ̄;
【2008/06/18 22:12】 URL | かいちょー #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaichonote.blog28.fc2.com/tb.php/35-03c924ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

かいちょー@ミケ母

Author:かいちょー@ミケ母
☆かいちょー☆
 自称「暴れん坊将軍」
 他称「将軍様ご乱心」な暴走主婦。
☆旦那☆
 かいちょーの旦那。
 職場では「頼りになる上司」だが
 実はかるーく天然ボケ。
☆ミケさん☆
 病気でヨレヨレだったトコロを
 かいちょー夫妻に保護され
 そのまま娘に。
 おやつの取立てがやたらシビア。
 犬猫用チーズが大好物。

FC2カウンター

お越し下さったお客さま

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。