かいちょーノオト
かいちょーと旦那と飼い猫・ミケさんの素っ頓狂な日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ボーコーエン
9月10日
日課である深夜の猫トイレ掃除をしていて気がついた。
おや? そういえば昨日・今日とミケさんがおしっこをした形跡がない。

・・・全くトイレに行ってないワケではなかった。
むしろいつもより神経質なくらい何度も行き
しつこい程に砂を掘り返しては座っていた。
でも、思い返せば用を足した後、埋めるために砂を掘り返していなかった。

何かの加減でストレスを溜め
爪を研ぐ代わりに砂を掘っているのかと思っていたが
むしろ尿意をもよおしても出ない状況だったと考える方が辻褄が合う。
ネットで検索してみると案の定、膀胱炎の症状と酷似している。

よくよく考えてみたら、いつもと変わらず元気一杯に遊んでいるものの
ここ数日は若干食欲が落ちている気もした。
食べつけないフードを与えているせいかと思っていたが
ひょっとしたら具合が悪いのかもしれない。

9月11日
仕事のちょっとした合間に、かかりつけの動物病院へ電話して相談。
ひととおり症状を伝えると、やはり膀胱炎である可能性が高いとのコト。

13日の土曜日まで動物病院へ行くコトができそうにないので
それまで家でできるコトは何かないか尋ねてみたものの
基本的に消炎剤を処方して貰わない限り、症状の改善は見込めないという。

知らなかったが猫の場合、マーキングの関係なのか
ある程度膀胱におしっこを溜めて一度に排泄する性質があるようだ。
膀胱炎になると残尿感で溜めるコトができなくなるので
まったくしてないようでいて少しずつ排泄しているコトが多いらしい。
そういえば、大きな砂の塊はなかったものの
ころころとした小さな塊はいくつか猫砂に混じっていたような気がする。

ひとまず、以前処方して頂いた抗生物質が
2日分ほど手許に残っているコトを伝えたトコロ
動物病院に行くまでの間はそれを飲ませて様子を見
極端に具合が悪そうだったらすぐ連れて行くというコトに。

       tere.gif

9月12日
相変わらず何度も猫トイレを掘り返しては座るを繰り返すが
昨日までより回数は少なくなった印象。
砂の塊も、心なしか少しだけ大きくなった気がする。
ホントに具合が悪いのか分からなくなる程元気一杯だが
やはり食欲はなさそう。

9月13日
動物病院へ。
体重30g減、連日の食欲不振がダイレクトに出ている様子。
人間なら大した体重差ではないが
1週間ほどで4kgに満たない小さな体の1割近くを減らしていると考えれば
元気そうに見えても負担は大きいだろう。
ちょっとした変化で大きく変わるというコトを、よく肝に銘じておかなければ。

問診と触診で、膀胱炎であるとほぼ断定できたカタチ。
消炎剤と抗生物質を2週間分処方して頂く。

基本的に猫の膀胱炎には、細菌由来のモノと結石由来のモノがあるらしい。
メス猫の場合は細菌由来のケースがほとんどだというが
遺伝的に結石ができやすい体質である可能性も捨てきれない。
その場合はドライフードが原因になっているコトが多いため
食事の改善が必須になるそうだ。

原因特定のためにも症状が改善したら尿検査した方がいいと勧められたので
とりあえずおしっこが出るようになった週の週末に検査するコトになった。

9月14日
1日なるべく近くで様子を観察していたが
昨日までがウソのように、全くトイレに行く様子がない。
夜、猫トイレ掃除をしていて、小さめの塊もないコトに気づく。

一瞬ちょっと心配になったが、飲んでいる水の量を考えるに
膀胱の、おしっこを溜める機能が回復しつつあると言えるのかもしれない。

あいかわらずやたらと元気に遊び回っているが、食欲も回復しない。
横たわっている時にお腹をさすってやると気持ちよさそうにしている。

9月15日
夕方に晩ご飯の準備をしていたら、猫砂を掘り返す音が。
すぐにでも掘り返して様子を見たいと思いつつ
ミケさんが「落ち着いて用を足せる場所じゃない」と警戒感を募らせて我慢して
症状も逆戻りではミもフタもないと、飼い主がじっと我慢の子。

夜中、ミケさんが寝入った頃を見計らって猫トイレ掃除。
久しぶりに見た大きい塊。
消炎剤が効いているのだとホッと胸を撫で下ろす。
あとは食欲が回復するのを待つばかりか。

9月17日
帰宅して30分程遊んだ後休憩していたら
カリカリカリ・・・とドライフードを食べる音。
お皿を検分したらほぼ完食、食欲も戻ったようだ。

9月20日
動物病院へ。
お腹を触ってみるとちゃんとおしっこが溜まっているから検査可能とのコト。

「あの、ミケちゃんの爪、ちょっと切らせて貰っていいですか?」
・・・え? えぇ、それは別に構いませんけど・・・。

「それと、少しお待ち頂くコトになると思います
 アチラ(もう1つの診察室)が終わって2人がかりでやるものですから」
・・・どんな検査するんだ???(汗)

先生の説明によれば、男の子は尿管が長いので
直接管を通しておしっこを取るんだそーだ。
しかしながら女の子にこれは難しいため
お腹から膀胱に直接針を刺して抜き取るのだという。

日頃の「暴れん坊将軍」ぶりを考えるに、さぞ暴れ狂うだろう
先生方にお怪我させなければいいが、と
飼い主としてはやや見当ハズレの心配をしつつ、待合室で待つコト15分。

特に大きな鳴き声もあげず、暴れる様子も聞こえてこなかったので
検査できなかったんじゃないかと思ったら
ちゃんと結果の紙を手にして先生が出て来られた>当たり前だけど。

結果はほぼモンダイない範囲。
結晶化した微細な結石も見当たらないので心配いらないそう。
わずかに蛋白や潜血が見られるけれど
これはまだ膀胱炎そのものが完治していないせいだから
頂いたお薬は引き続き、全て飲ませ切って下さいとの事。

こうして2週間に渡る闘病生活は幕を閉じたのでした。



・・・ねぇミケさん、ちょっと大変だったんだよね。
でもがんばってお薬飲んで、いい子だったよね。 (^ ^)

      suka_p.gif

・・・ハナシが長過ぎて眠っとる・・・ ( ̄▽ ̄;


スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2008/09/27 20:39】 | ミケさん的日常 | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<天使の羽根。 | ホーム | えぇ、アイツのせいですよ。>>
コメント
ここkでのハンドルネーム忘れました。。。
最近読み逃げ専門で~~。
ミケさん軽くすんでよかったね。
動物の病気はこちらの精神的ダメージが大きいよ~~!
ところで、診察室の奥でどのようなドラマがあったのか、なにげに気になります(笑)
いや、検査できたんだし、問題なかったんだろうとは思うんだけど。
【2008/09/28 10:15】 URL | はるママ #-[ 編集]
ミケさん大変でした。しかし直接、膀胱に針を刺して抜き取るというくだりはちびくまたまとひぃぃぃ~~っと悲鳴。。
尿関係は深刻な方向へいってしまうので、心配でしたね。
でもよかったよかった!!
実家に養女へだした拾い猫『モズ』
コヤツもしっぽが長いミケ猫でした。ミケさんの背中の生地?部分が体 半分覆われてる猫でしたが、カリカリが大好きで膀胱トラブルしょっちゅうだったような。。。老猫になり結局直接原因は尿道膀胱関係でした。。病院つれてくとき首だけだして座布団カバーに入れたら、そのまま病院内を逃げ回り歩く猫巾着に。。それをみてうちの猫は可愛いなぁ~~とデレデレしていたのを思い出しました。
【2008/09/28 22:03】 URL | くまたま #-[ 編集]
> はるママさま

たぶん「はるまま」だったかな?>HN
でもまぁ気にしない気にしない♪(笑)

なにぶん動物は人間語で「痛い」とか「ぎぼぢわるい」とか
ストレートに伝えられないものね。
ミケさんの場合は普段から案外元気そうなのに
突然何かしらの症状が出て、慌ててお医者さまに駆け込むコトが多いので
「どうして気づいてあげられなかったのか」って毎度かるくヘコむかも (^ ^;

あと、請求書の金額にもかるく・・・(苦笑)

診察室の奥のドラマについてはワタシも知りたいかも。
でも、先生の手に引っかき傷とか、全然なかったし
内弁慶でビビリなミケさんの性格を考えるに
意外と固まったまま終わったのかもなぁ・・・と思ったり (^◇^;

> くまたまさん

先生を目の前にしてさすがにできなかったけど
ワタシも内心「ひぃぃぃ~~」っと悲鳴をあげそうでした(笑)

ミケさんもモズっちと同じく『カリカリ大好きっ子』
・・・ってゆーかカリカリしか食べないのです ( ̄▽ ̄;
以前は手作り食とかウエットフードも多少食べてたんだけど
続けて与えていると嘔吐して食べなくなって・・・を何度か繰り返し
最近はちょっぴり諦め気味でカリカリオンリーに。
にゃんこは離乳期に食べたモノに固執するというから
案外、子供の頃ずっとカリカリだけ食べてたのかもしれません。

猫巾着・・・かわいいけどちょっぴりかわいそう? (^ ^;
かく言うワタシ、1枚めの写真で「ほっぺポッ♪」の加工をしながら
「くぅ~!ミケさんギザかわゆす♪」としょこたん語で
ブツブツ言ってた親バカです>というよりかなり危険な大人のような気が(ばく)
【2008/09/29 02:48】 URL | かいちょー #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaichonote.blog28.fc2.com/tb.php/53-8ea06d4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

かいちょー@ミケ母

Author:かいちょー@ミケ母
☆かいちょー☆
 自称「暴れん坊将軍」
 他称「将軍様ご乱心」な暴走主婦。
☆旦那☆
 かいちょーの旦那。
 職場では「頼りになる上司」だが
 実はかるーく天然ボケ。
☆ミケさん☆
 病気でヨレヨレだったトコロを
 かいちょー夫妻に保護され
 そのまま娘に。
 おやつの取立てがやたらシビア。
 犬猫用チーズが大好物。

FC2カウンター

お越し下さったお客さま

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。